鈴木京香の最近のニュース

長谷川博己と結婚目前といわれた過去に嫉妬? 鈴木京香、未練のない“元カノ”を敵対視か

俳優・長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の最終話が7日に15分拡大で放送。平均世帯視聴率は18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2020年1月に放送された初回の19・1%に次ぐ、2番目の高視聴率で有終の美を飾った。放送後、長谷川は番組公式ツイッターに視聴者への感謝のメッセージ動画を寄せた。投稿は猛反響を集め、興奮冷めやらぬ状態だった。

そんな長谷川だが、かねてから交際がささやかれる女優・鈴木京香との結婚が同番組の終了後に濃厚視されている。同年12月発売の『女性自身』(光文社)によると、鈴木は3年ほど前に都心の一等地にあるマンションを購入していたことが判明し、まだ引っ越しが済んでいないよう。鈴木は長谷川との結婚生活を迎えるために準備を整えているという。

鈴木というと、1988年に「カネボウ 水着キャンペーンガール」に選出され芸能界へ。89年公開の映画『愛と平成の色男』で女優デビューし、91年放送の同局連続テレビ小説 『君の名は』でヒロイン役に抜擢。“朝ドラ女優”として人気を獲得してからは、多数の人気ドラマの主演に。さまざまな役柄を柔軟にこなす鈴木の演技は見る者を魅了させる。

そして、2010年放送の同局ドラマ『セカンドバージン』での共演がきっかけで長谷川と交際に発展。同ドラマは2人の代表作でもある。それから早10年が過ぎ、これまで幾多の結婚報道や破局説までもが浮上してきた。一途な想いを寄せ続ける鈴木だが、パートナーの元交際相手への執着が強いともいわれているようだ。