堀北真希

女優、タレント。主な愛称は、ホマキ、真希ちゃん。東京都出身。夫は俳優の山本耕史。元スウィートパワー所属。

略歴
東京都の生まれ。中学2年生の時にスカウトされて芸能界入り。

2003年の佐藤信介監督「COSMIC RESCUE」のヒロイン・望月綾役で映画デビューを飾る。

同年のBS-i(現・BS-TBS)『ケータイ刑事・銭形舞』でドラマ初主演すると、翌04年には初主演映画となった「渋谷怪談2」、行定勲監督の大ヒット作「世界の中心で、愛をさけぶ」など7本の映画と、フジテレビ『人間の証明』など連続・単発合わせて7本のドラマに出演する活躍を見せた。

この勢いは05年になっても止まらず、羽住英一郎監督「逆境ナイン」など5本の映画に出演。ことに山崎貴監督「ALWAYS/三丁目の夕日」で演じた、

青森から集団就職で上京する昭和30年代の少女・星野六子役が好評で、ヨコハマ映画祭、ゴールデンアロー賞など、この年の新人賞を多数受賞した。
同年の日本テレビ『野ブタ。をプロデュース』05ではいじめられっ子の女子高生“野ブタ”こと小谷信子を演じ、美少女ぶりを封印したキャラクターで脚光を浴びる。

以後も快進撃は続き、堤幸彦監督「TRICK劇場版2」06、長尾直樹監督「アルゼンチンババア」07、廣木隆一監督「恋する日曜日・私。恋した」07、ハンス・カノーザ監督「誰かが私にキスをした」10などで多彩な役柄を演じ分ける。

一方、TBS『クロサギ』『鉄板少女アカネ!!』06、『特上カバチ!!』10、テレビ朝日『生徒諸君!』07、フジテレビ『花ざかりの君たちへ・イケメン♂パラダイス』07、『イノセント・ラヴ』08、『アタシんちの男子』09と、テレビドラマでも主演ないし主演級の活躍が次々と続き、中でも、憧れの彼のために男装して男子高に入学し、寮生活で秘密がバレないよう男らしく振る舞う主人公を演じた『花ざかりの君たちへ』は、ユニセックスな魅力がさらに強調され、その後のイメージを決定づける強い印象を残す。10年には初舞台となる『ジャンヌ・ダルク』で座長をつとめ、11年の深川義洋監督「白夜行」では、清純派イメージから脱却した大人の女に挑戦した。

主なCM
東京地下鉄(東京メトロ)(2013/04-2016/03)
ライオン クリニカ アドバンテージ(2014/02-2017/02)
オフィシャルサイト
堀北真希 公式Twitter
堀北真希
ページトップへ戻る