米倉涼子 201903

米倉涼子 201903


松本清張作品で悪女役を極めてきた米倉涼子が黒木華演じる悪女と対峙する!!

松本清張作品で数々の悪女を演じてきた米倉涼子が、今度は悪女を弁護する

数々の松本清張作品で主演を務め、鮮烈な印象を残してきた米倉涼子。彼女が2019年、新たな清張作品に挑みます! 今回挑むのは、清張作品の中でも屈指の人気を誇る名作サスペンス『疑惑』。『黒革の手帖』をはじめ、『けものみち』『わるいやつら』『熱い空気』といった清張作品で、名だたる悪女を演じてきた米倉ですが、今回は“悪女に手を差し伸べる弁護士”役で新境地を拓きます!


米倉が演じるのは、真実解明のためなら手段を選ばない敏腕弁護士・佐原卓子。ブラック企業を次々と勝訴に導いてきたことも相まって、「最低の弁護士」と揶揄される女性です。彼女はある日、保険金目的で夫を殺した…との疑惑が囁かれる“悪女”を弁護することに! エキセントリックな言動に振り回されながらも、決してクロとは決めつけず対峙し、真相を追求していきます。

なお、今回は『疑惑』を初映像化した1982年の映画版同様、原作では男性となっている弁護士を女性に置き換えつつ、2019年版ならではの新解釈で物語を描写。新たな視点から、対極の背景を持つ女同士の“スリリングな関係性”も色濃く描出します。はたして米倉は、有罪が濃厚とされる悪女を相手にどう立ち回り、どんな顔を見せてくれるのか――。どうぞご期待ください!

黒木華が悪女役に初挑戦! 初共演となる米倉涼子をあの手この手で翻弄する

米倉と対峙する悪女・白河球磨子を演じるのは、2014年にベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)も受賞した、20代きっての実力派女優・黒木華。彼女がついにテレビ朝日のドラマへ初出演し、米倉との初共演を果たします。しかも、今回は悪女役に初挑戦! 現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』では素朴な可愛らしさと芯の強さを併せ持つヒロイン・岩山糸を好演中の黒木ですが、『疑惑』では世間から“悪女”と呼ばれる一筋縄ではいかない女性を演じ、自身のキャリアを大きく覆します。
球磨子は笑ったかと思えば泣き、しおらしいかと思えば、突然口汚い言葉で罵り出す謎めいた女性。まるで魔物のように妙な魅力を放ち、周囲を翻弄します。そんな複雑怪奇な女性を、黒木が全身全霊で立体化。米倉との予断を許さない芝居合戦、そこから生まれる新鮮な化学反応に注目です。

米倉涼子、日本人女優史上初となるミュージカル『シカゴ』で3度目のブロードウェイ主演

本公演は、NY・ブロードウェイの初演から22年を迎え、アメリカ作品として歴代 1 位のロングラン、世界36か国・500都市以上・12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル。実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーは、奇しくも人々の共感を生み、「オール・ザット・ジャズ」など、名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。

同作品で2012年にブロードウェイデビューを飾り、2017年の『シカゴ』20周年アニバーサリーイヤーにもブロードウェイ公演でロキシー・ハート役を務めた米倉涼子が、自身の女優人生20周年を記念する2019年、日本人女優史上初となる3度目のブロードウェイの舞台に立つ。そして、8月に来日するアメリカ・カンパニーの特別公演にも引き続き主演する。来日キャストは、ヴェルマ・ケリー役で史上最多出演数を誇るアムラ=フェイ・ライトが決定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る