米倉涼子 201901

米倉涼子 201901


米倉涼子の夫役に人気気象予報士・依田司「二つ返事でお受けしました」

米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系松本清張ドラマスペシャル『疑惑』(2月3日よる9時~)に、人気気象予報士・依田司が出演。米倉演じる卓子の亡き夫・佐原淳彦役を演じる。

今作は、『黒革の手帖』を筆頭に数々の松本清張作品で悪女を演じてきた米倉が、“悪女に手を差し伸べる敏腕弁護士”佐原卓子に扮し、13億もの保険金を狙って夫を殺したとの疑惑が囁かれる悪女・白河球磨子(黒木華)を弁護するストーリー。彼女のエキセントリックな言動に振り回されながらも、決してクロとは決めつけずに対峙し、真相を追求していく。

今作には朝の情報番組『グッド!モーニング』や週末の報道番組『サタデーステーション』のお天気キャスターとしても活躍する人気気象予報士の依田が出演。卓子の亡き夫・佐原淳彦役を演じ、ほっこりする回想シーンや、劇中でも印象的な夫婦2ショット写真に登場する。

昨年、今作への出演オファーを受けた当初の心境について「直前に他局のドラマやテレ朝の『未解決の女』への出演があったので、もうドラマはお断りしようと思ったのですが…」と依田。ところが「米倉涼子さんの旦那さん役だと聞き、二つ返事でお受けしました(笑)」と、茶目っ気たっぷりに明かした。


米倉涼子がベタベタ攻撃?依田司、撮影振り返る

劇中に登場する2ショット写真の撮影で、米倉と対面した依田。ところが、米倉がすっかり妻になりきっていたのか、俳優が本業ではない依田を思いやって雰囲気づくりをしようとしてくれたのか、依田が思わずドギマギする事態が発生。「撮影当日、お会いして挨拶もそこそこに、米倉さんが腕を組んでこられました。その後、監督さんの話を伺うときもずっとベタベタで、そのまま撮影に突入。すでに役に入られていたのでしょうが、私は『え? え?』と思うのと、女優さんて凄いなと思っているうちに撮影が終わりました(笑)」と、撮影時を振り返った。

卓子がとんでもない悪女に翻弄されながら、疑惑まみれでなかなか見えてこない“事件の真相”を追求していく『疑惑』は、全編を通してどこまでも波乱万丈。そこで、依田にこのドラマをお天気に例えてもらうと「予測困難なゲリラ豪雨が同時多発的に発生し、気象警報が出まくりの展開です。そうこうしているうちに巨大台風に飲み込まれていくのですが、最後は、しっかりと台風一過の青空が広がります」と予報した。(modelpress編集部)


米倉涼子&黒木華、ドラマでよみがえる松本清張『疑惑』 過去作とは「全然違う」
米倉涼子&黒木華、ドラマでよみがえる松本清張『疑惑』

女優の米倉涼子主演でよみがえる、松本清張の名作サスペンス『疑惑』(テレビ朝日系で2月3日放送 後9:00~11:05)。『黒革の手帖』をはじめ、『けものみち』『わるいやつら』『熱い空気』といった清張作品で、名だたる悪女を演じてきた米倉が、“悪女に手を差し伸べる敏腕弁護士”佐原卓子役に挑戦。「保険金目的で夫を殺した」疑惑にまみれる白河球磨子(黒木華)を弁護する中、彼女のエキセントリックな言動に振り回されながらも、真相を追求していく過程をスリリングに描く。作品の見どころを米倉&黒木が語った。

テレビ朝日系松本清張ドラマスペシャル『疑惑』2月3日放送。米倉涼子(左)が孤高の弁護士、黒木華(右)が保険金目的で夫を殺した疑惑の女を熱演(C)テレビ朝日

――放送目前の『疑惑』ですが、仕上がりを観て、手応えはいかがですか?

【米倉】松本清張作品では、悪女というか、したたかな女性を演じてきたので、自分より悪女がいる作品は初めて。直言って、球磨子は自分がやりたい役でもあったので、私だったらこうするかなとか想像しながら脚本を読んでいたんですが、黒木さんのお芝居を見て、なるほどって思うことがたくさんあって、新鮮でしたし、うらやましいな、と思っていました。

【黒木】原作はもちろん、何度も映像化されていて有名すぎる作品。球磨子役が決まって、桃井かおりさんが球磨子、岩下志麻さんが佐原弁護士を演じた映画(1982年)を拝見したんですが、『どうしよう』とプレッシャーを感じました。ですが、今回は映画版とはまったく違う新しい感じの『疑惑』に仕上がりましたよね?

米倉】岩下さんと桃井さんの映画『疑惑』を意識して、今回の『疑惑』を観ると、拍子抜けするかもしれませんね。全然違う。

【黒木】映画版では見えなかった部分が見えるというか、異なる角度から見たら形も違って見える、そんなドラマになったのかな。

【米倉】変なドラマだよね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る