新垣結衣 201810

新垣結衣 201810


獣になれない私たちトークイベント&第1話完成披露試写会に出席

新垣結衣が7日、東京・汐留の日本テレビで行われた同局系主演ドラマ『獣になれない私たち』(10日スタート、毎週水曜22:00~ ※初回10分拡大)のトークイベントに登場

新垣結衣(30)と松田龍平(35)がダブル主演する日本テレビ系連続ドラマ「獣になれない私たち」(10日スタート、水曜午後10時)の完成披露試写会が7日、都内で行われ、2人のほか共演の田中圭(34)黒木華(28)が登壇した。



新垣結衣、初恋は「自分より背が高い男の子」

今作の「ラブかもしれないストーリー」にちなみ、キャスト陣は「生まれて初めてラブかもしれないと思った瞬間」をそれぞれ披露。

新垣は人生で初めてバレンタインチョコを渡したという幼稚園の頃の思い出を振り返り、「小さいときから漫画が大好きで、漫画に出てくるカップルって大体男性の方が背が高いじゃないですか?それが当たり前と思いこんでいる時期がありまして。私は小さいときから背が高くて、自分より背が高い男の子が1人しかいなくて、『好きなんじゃないか』って思ってチョコをあげたんですけど、今思うとラブじゃない」と初恋は勘違いだったという可愛らしいエピソードを告白。

また、ホワイトデーにはお返しももらったそうだが、「それだけです。幼稚園なので付き合うとかもとくにないですし、そういうイベントって感じだったので誰かにあげなきゃって」と進展はなかったようだった。


新垣結衣×松田龍平、11人ぶり共演の感想は…

今作は、ビアバーを舞台に繰り広げられるオリジナルラブストーリー。今年30歳になった新垣が、仕事に恋に悩む“等身大の現代女性”深海晶を、松田が“世渡り上手な毒舌男”根元恒星を演じ、脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS/2016年)の野木亜紀子氏が担当する。

新垣と松田は、映画「恋するマドリ」(2007)以来、11年ぶり共演。久々共演の感想を聞かれた新垣は「大丈夫ですか?」と様子を伺い、「今日も撮影で『ふふふ』って笑われたんですけど、何で笑っているのか教えてくれなくて…」と心配そうな表情。

すると松田は「そんなことありました?」と首を傾げながらも、「やりにくかった?」と追求されると「新垣さんが素敵でつい顔がニヤけてしまって」と理由を説明。淡々とした口調に、新垣から「嘘が下手ですか?お世辞が下手ですか?」と疑われる場面もあったが、「本当です」と主張していた。(modelpress編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る