北川景子 201803

北川景子 201803


北川景子が28日発売の女性ファッション誌『with』5月号(講談社)の表紙に登場

『with』5月号の表紙を飾った北川景子。この時期らしく“桜”をテーマにした撮影で、華やかで輝くような美しさを満開にさせた。

【写真】白いスーツ姿が美しい…北川景子

 今号の大特集「第一印象」にちなみ、北川は誌面のインタビューで初対面の人から「演じている役のイメージもあると思うのですが、クールに思われることが多くて」と告白。そのため、「そんなことはないので、たまにがっかりされる」こともあるが、「イメージとのギャップに苦しむことになったらイヤだから、常に笑顔であいさつを心がけています」と大切にしている行動を明かした。

 さらに、3年目に突入した結婚生活についても言及。「一日は24時間しかない。常になにを優先するかを考えて行動するようになりました」と最近の変化についても紹介している。

 同号にはそのほか、少年隊の東山紀之&関ジャニ∞の丸山隆平、Hey! Say! JUMPの有岡大貴&伊野尾慧、俳優の竹内涼真、吉沢亮、King & Princeの平野紫耀などが登場する。

北川景子がプリンスホテル新高輪で開催された第41回日本アカデミー賞の授賞式に出席

深いスリットが入った黒のロングドレス(LANVIN)で会場の視線を集めた北川は『探偵はBARにいる3』で優秀助演女優賞を受賞。同作では、表の顔はモデルエージェンシーのオーナー、裏の顔は若い女性を男たちに斡旋する謎多き女性を演じた。

司会・西田敏行とのやりとりでは、拳銃を使った演技が初めてだったことを明かし、「スカッとしました。快感でした」「今回は暴れられるだけ暴れてやろうという気持ちで演じました」と清々しい表情で撮影を振り返った。

北川景子、アツすぎる「宝塚愛」告白に共感続々!

3月2日放送の『あさイチ』(NHK)で、女優の北川景子(31)が宝塚について熱弁をふるい、共感の声が上がっている。この日の「プレミアムトーク」にゲスト登場した北川は、出演中の同局大河ドラマ『西郷どん』についてトークを繰り広げた。後半では視聴者から寄せられたメッセージも紹介され、落ち込んだときの対処法や家に帰ってからの楽しみについての話に。MCを務めるV6の井ノ原快彦(41)や有働由美子アナウンサー(48)は「ビールが楽しみ」だと明かしたが、北川は宝塚の有料チャンネルを見ることが好きだと語り出した。
北川はかなりの宝塚ファンのようで、舞台の映像を見ながら一緒に歌ったり踊ったりすることもあるのだとか。男役だけでなく娘役のセリフを真似することもあり、そんな北川を夫のDAIGO(39)は温かく見守っているそうだ。北川は同世代や自分より若い女性が活躍している宝塚について、「同じ表現者として勇気をいただく」とコメント。生の舞台を見に行くこともあり、男役については「マンガから飛び出した王子様」「実際いないって、分かってるんですけど、いるって思いたい」と乙女心を覗かせた。

北川の語る“宝塚愛”には、視聴者から「その気持ち、めちゃくちゃよく分かる!」「好きなものを真似しちゃう北川さんに親近感」「北川景子さんは、こっち側の人だなってシンパシーを感じました」と共感する人が続出。また北川の趣味を邪魔せず理解を示すDAIGOについて、「いい夫に恵まれて、うらやましい」「北川景子の宝塚はDAIGOさんがひとりじめかぁ」「いい夫婦だっていうのが伝わってきた」と羨望の声も上がっている。

女優の柴咲コウ(36)が5日、自身のInstagramを更新。松雪泰子、北川景子との豪華すぎる3ショットを披露し、話題となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る