米倉涼子 201706

米倉涼子 201706


米倉涼子、酒断ちで臨むブロードウェイ公演 秋に「ドクターX」第5弾も“これが最後

5年ぶりにブロードウェイのアンバサダー劇場でミュージカル「シカゴ」を再演する米倉涼子(41)。7月3日から10日間上演されるが、日本人の女優が2度も主演するのは米倉が初めてとあって、前回以上に注目を集めている。


2歳年下の男性と結婚したのは2014年末。それからちょうど2年後の2016年末に離婚を発表した。わずか2年の結婚生活だったが、その実質は結婚当初から破綻していたともいわれる。

「米倉は結婚から数ヵ月後には新居を出て、ホテル暮らしを始めたようです。最初からすれ違いや行き違いがあって、仕事もうまくいかなくなっていました。それが昨年、離婚に目処が立ったことから『ドクターX~外科医・大門未知子~4』に出演したのです。一度きちんとリセットして、女優として再出発を決意したということでしょう」(芸能ジャーナリスト)

米倉はこれまで、家政婦は見た!(テレビ朝日系、2014年)やHUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(フジテレビ系、2011年)、交渉人~THE NEGOTIATOR~(テレビ朝日系、2008年)などをはじめ、松本清張作品のドラマ化など、多くの主演を演じてきた。結婚中は仕事をセーブしていたようだが、これから再び露出が増えていくと思われる。

「一方で、周囲は再婚を期待しているともいわれています。そのお相手は、なんとTBSの安住紳一郎アナなんです。2人は、MCを務める『ぴったんこカン・カン』で何度も共演し、米倉の舞台に安住は必ず花を贈っているほどの仲です。米倉の離婚成立で、もしかすると現実となるかもしれませんね」(テレビ局関係者)

安住は、最後の大物独身アナウンサーといわれるが、既に40代半ば。41歳の米倉と意外とお似合いかもしれない。米倉もまんざらでもなさそうとも伝えられる。離婚のショックを、新たな恋をすることでポジティブにしていくとすれば、『ドクターX』の決めゼリフのように、最初の結婚には失敗したが、人生には「私、失敗しないので」ということになる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る