天海祐希 201802

天海祐希 201802


佐々木蔵之介、天海祐希は「頼りがいある背中」

俳優の佐々木蔵之介がこのほど、都内のスタジオで読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ『天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~』(2月23日放送)の取材に応じ、共演する座長・天海祐希への尊敬を語った

このドラマは、世界に誇る大阪生まれの天才数学者・岡潔(佐々木)と、その妻・みち(天海)の夫婦の愛を、林誠人氏の脚本で描くもの。潔は、天才ゆえに誰からも認められず、数学に打ち込むあまり家計は火の車という常用だったが、みちはひたむきに支え、世界からの評価、そして文化勲章受章へ導いていく。

11年ぶりに夫婦役を演じる同い年の2人は、気心の知れた仲。天海は、佐々木について「蔵ちゃんがいてくれることによって、私自身も力強かったですし、難しいシーンも何とか頑張ることができて、とても素敵な現場でした」といい、「岡さんのご夫婦には到底及ばないですが、蔵ちゃんに対する信頼感というのは画面に出ているんじゃないかなと思います」と自信を示した。

一方の佐々木は、「この役を楽しめながらできたのは、やっぱり一番大きな存在はみちであり、あまみん(天海)のおかげなんだと思います」と感謝。「今回、あまみんは関西弁というものすごいハードルがあったのに見事にやってはるし、フランス語もしゃべってはるし、2カ国語をしゃべっているんですよね。『この人、ものすごい大変なことやっている』って、あまみんの背中を見て、現場を過ごしていました(笑)」と、冗談めかして尊敬していることを語った。

『髑髏城の七人 Season極』会見

3月17日(土)に開幕する劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』の製作発表記者会見が行われ、作・中島かずき、演出・いのうえひでのり、出演者の天海祐希、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善、古田新太が登壇した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る