松嶋菜々子 201712

松嶋菜々子 201712


東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編とされる映画「祈りの幕が下りる時」から阿部寛と松嶋菜々子が共演する作品の予告編がお披露目された

阿部寛×松嶋菜々子!『新参者』完結編予告

2010年に連続テレビドラマとして始まり、日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎(阿部)が、殺人事件の真犯人を捜すというサスペンスと、さまざまな人との触れ合いを通して謎を解明するヒューマンドラマの要素で人気を集めた『新参者』シリーズ。完結編とされる今作では、とある殺人事件の捜査線上にある美人女性演出家が浮上したことで、加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされていく。

公開された予告編は葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見されるシーンから始まる。そして加賀をはじめ、今回の作品の鍵を握る女性演出家・浅居博美(松嶋)らが登場し、捜査の様子が映し出される。『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』(2012)以来6年ぶりに主演・阿部と主題歌・JUJUのタッグが実現しており、JUJUが歌い上げるバラードが作品に華を添えている。

メガホンを取ったのは映画-私は貝になりたいや、大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」を手がけた福澤克雄監督。加賀のいとこで警視庁捜査一課刑事・松宮として溝端淳平、加賀の父親を看取った看護師・金森としての田中麗奈、加賀と確執のある亡き父・隆正として山崎努らレギュラーキャストが続投している。(編集部・海江田宗)

「祈りの幕が下りる時」(1月27日公開)のレッドカーペットイベントが12日、同作の舞台となる東京・日本橋で行われ、登場した阿部らは集まった観客から歓声を受けた。同作では松嶋が美しすぎたため、台詞が変更されるというエピソードが明かされた。

2010年に連続ドラマとしてスタートした「新参者」シリーズは、本作でフィナーレとなる。レッドカーペットイベントは、同シリーズの舞台となった“聖地”日本橋で行われた。会場にはおよそ50メートルのレッドカーペットが敷かれ、500名のファンが集合。そこに豪華キャストが登場すると、会場は大盛り上がりとなった。

『連続ドラマW 監査役 野崎修平』ポスタービジュアル解禁

 本作は、原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画「監査役野崎修平」を織田裕二主演でドラマ化。強い正義感と厚い人情の持ち主である主人公が、銀行の不正を徹底究明すべく行内の抵抗勢力に戦いを挑む。

 解禁されたポスターは、主演の織田裕二をはじめ、岸谷五朗、古谷一行、松嶋菜々子ら個性派登場人物が一堂に会したビジュアルとなっている。キャッチコピーの「正義は、銀行を救うのか、壊すのか。」は、野崎を待ち受けるさまざまな困難を予想させる。

 ポスター解禁に合わせて、番組特設サイトもリニューアル。出演者のインタビュー映像などサイト独自のコンテンツも随時更新される。

『連続ドラマW 監査役 野崎修平』
WOWOWプライム
放送日時:2018年1月14日(日)スタート
毎週日曜 夜10:00~ 全8話(第1話無料放送)

<スタッフ・キャスト>
原作:周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)
脚本:前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」)
監督:権野元(「連続ドラマW 楽園」「連続ドラマW 5人のジュンコ」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW アキラとあきら」「連続ドラマW 楽園」)・石毛駿平

出演:織田裕二、岸谷五朗、松嶋菜々子(特別出演)、古谷一行、ユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕、西田尚美、宇梶剛士、光石研

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る