藤原紀香 201712

藤原紀香 201712


片岡愛之助&藤原紀香、ハネムーンをテレビ初公開!9月にベガスやロスに旅行

昨年3月に結婚した歌舞伎俳優、片岡愛之助(45)と女優、藤原紀香(46)の新婚旅行の様子が10日放送のBSフジの特番「片岡愛之助の生き方」(後9・0)でテレビ初公開されることが2日、分かった。

10日に放送予定の『片岡愛之助の生き方』(BSフジ)は、愛之助の生き方に迫るドキュメンタリー番組で、愛之助の仕事ぶりを紹介するほか、プライベートにも密着。去年3月に結婚した愛之助と紀香が、ラスベガスやロサンゼルスをめぐる”1年半越しの新婚旅行”の様子が、公開されるとのこと。夫婦共通の友人で、アメリカ在住の歌手の大江千里(57)が、2人のために作った曲を披露して、2人が感激する様子も収められている。

愛之助が公演で多忙のため、夫婦は今年9月に1年半越しの新婚旅行で米国へ。ラスベガスやロサンゼルスなどで夫婦水入らずの時間を過ごし、2人はハンディカメラで互いの姿を撮影し合って、大はしゃぎだったという。「間違いなく撮影NGだったでしょうが、注目されるのは2人の夜の営みです。愛之助はほとんど家に帰っておらず、紀香は溜まりに溜まってしょうがなかったはず。勢いで“ハネムーン・ベイビー”の種付けと行きたかったところでしょうが…」(テレビ局関係者)

藤原紀香が12日アメブロを更新。2018年4月に公演予定の舞台『花盛り四人姉妹?吉野まほろば物語?』で共演する女優の石野真子、三倉茉奈、演歌歌手の藤あや子との4ショットを公開した。「花盛り四姉妹、ついに、集結です!」と4人の集合写真を公開した藤原。「芝居は関西弁、炸裂になるでしょう 嬉しいな」と期待を語り、「舞台の最後にあるグランドフィナーレでは、昭和歌謡を楽しく、本気で歌わせていただきます!」とアピールした。『花盛り四姉妹?吉野まほろば物語?』は奈良・吉野の老舗旅館を舞台に、四姉妹が織りなす人生模様を描いた作品。藤は長女・萩乃役、石野は次女・ふじ子役、藤原は三女・梅子役、三倉は四女・あやめ役をそれぞれ演じる。

21日・28日(23:59~24:54)に放送される読売テレビ・日本テレビ系2週連続ドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』のクランクアップを迎えた。このドラマは、石田衣良氏の小説『眠れぬ真珠』が原作。藤原演じる版画画家・内田咲世子が、17歳年下の映像クリエイター・徳永素樹(鈴木伸之)と出会い、恋に落ちていくストーリーで、更年期障害に悩む大人の女性が、無防備で傷つきやすい少女に変わる姿を、川崎いづみ氏の脚本で描く。撮影は11月19日から30日までの10日間で、千葉・館山、神奈川・三浦海岸、東京・表参道や世田谷などで撮影を敢行。藤原は、片岡愛之助との結婚後初の濡れ場にも挑戦し、不倫の三宅(升毅)とは欲望おもくまま、純愛の素樹とは美しく、咲世子と男性たちの関係が対比する形で描かれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る