北川景子 201711

北川景子 201711


北川景子と有機ELテレビが魅せる、シンメトリーな“美の対峙”

ソニー 4K有機ELテレビ ブラビアの新TVCMが 11日(土)から全国放映開始!スペシャルサイトでは先行公開

4K有機ELテレビ ブラビア『A1シリーズ』は究極の没入感を実現するために、スピーカーやスタンド等、画面周囲の要素を極限まで削ぎ落し、美しいたたずまいを実現。CMでは、これまでになくユニークで存在感のあるデザインのブラビアと、正座した北川景子さんとがシンメトリーに対峙するシーンが印象的に描かれています。4K有機ELテレビ ブラビアの吸い込まれるような映像美と、画面そのものから広がる高音質有機ELパネルの映像表現力を最大限に引き出す4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」(エックスワン エクストリーム)による黒の締まりや光の輝きを本CMで表現。神秘的な滝(千葉県:濃溝の滝)や、美しい夜空の月がブラビアに映し出されるシーンでは、思わず吸い込まれるような映像美が描かれています。また、画面自体が振動し、画面から直接音が出る最新音響技術「アコースティック サーフェス」により、まるで目の前で鳴いているかのような小鳥の鳴き声の臨場感に、北川景子さんも思わず引き寄せられます。

インタビュー動画では、北川景子さんが4K有機ELテレビ ブラビアを初めて体験しての感想を語っています。

東京・六本木の東京ミッドタウンで行われた「ミッドタウン・クリスマス2017」イルミネーション点灯式に、俳優の大泉洋とともに出席

2人が共演する映画『探偵はBARにいる』シリーズは、探偵(大泉)とその相棒(松田龍平)の予測不能コンビが、アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に活躍する様を描いた作品。気鋭ミステリー作家・東直己氏の『ススキノ探偵シリーズ』を原作に、2011年に『探偵はBARにいる』、2013年に『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と立て続けにヒットを記録。北川との共同作業を経て灯された荘厳な“光”を見た大泉は「すごい! 北川さんと結婚したかのようでした!」と感想を述べていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る