米倉涼子 201711

米倉涼子 201711


シャーロット・ケイト・フォックス「ドクターX」でも“国境を越えた純愛” 米倉涼子と初共演

女優のシャーロット・ケイト・フォックスが、23日放送の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系/毎週木曜よる9時~)の第7話にゲスト出演することがわかった。

NHK連続テレビ小説「マッサン」(2014~2015年)で日本人夫を一途に愛するスコットランド出身のヒロインを熱演し、鮮烈な日本デビューを飾ったシャーロットだが、「ドクターX」でも国境を越えた純愛を演じることに。今回は愛しき夫マッサンならぬ、元恋人の“マーさん”=外科医・原守(鈴木浩介)を追いかけ、アメリカから来日する元凄腕外科医ナナーシャ・ナジンスキーを演じる。

ドクターX』好調で見えた米倉涼子のギャラ1000万円超
ここまでくれば、もはや天賦としか表現のしようがない!? 女優の米倉涼子(42)が、“ギャラ格付けランキング”の最上位に名を連ねることになりそうだ。

今回で第5弾を迎えた『ドクターX』(テレビ朝日系)最新シリーズが、初回放送から飛ばしまくっている。10月12日放送の初回から平均視聴率20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、注目の第2話は19.6%と20%の大台を割ってしまったものの、制作関係者は余裕だという。「いつものパターンです。3話以降で20%台に戻ると分析している。録画率を加えれば、軽く30%は超えていますからね。当然、主演である米倉さんのおかげですよ」(テレ朝幹部)

視聴率同様、当然、跳ね上がるのが米倉の出演料。当コーナーでも何度も取り上げられる常連だが、最新の金額情報をキャッチした。「シーズン4まで500万円~だったのですが、この“5”から一気に650万円~に大幅アップした。理由は、もちろん、いまや唯一無二の存在だからです。なんだかんだ言っても、米倉さんがドラマに出ないと何も成立しない。ここまでくれば、米倉サイドの言い値といっても過言ではありません」(制作関係者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る