天海祐希 201710

天海祐希 201710


天海祐希が死の女神に!「マイティ・ソー」最新作でC・ブランシェットの吹き替え挑戦

米マーベル社の人気ヒーロー映画「アベンジャーズ」シリーズ最新作「マイティー・ソー バトルロイヤル」で、死の女神「ヘラ」の声の吹き替えを担当

マーベル・スタジオの人気シリーズの完結編となる第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」の日本語吹き替え版に、天海祐希が声優として参加していることがわかった。主人公ソー(クリス・ヘムズワース)の前に立ちはだかる死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)に扮する。

え、誰? 三浦春馬じゃないの? と誰もが目を疑う、女優・天海祐希さんの宝塚時代の写真がツイッターで話題となっています。

そのツイートは、ツイッターユーザーのきいろ(@keyyyro)さんによるもの

こ、これは……女性だけじゃなく、男だって「惚れてまうやろー!」な写真ですね。このツイートは現在、9万以上のリツイート、20万以上の「いいね!」がついています。それにしても、この男前な顔立ち。。。何分見ても見飽きませんね。美しい。

強大な力を持つヘラによって故郷を奪われたソーは、最強の敵を倒すため盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を結成してヘラとのバトルに挑む。三宅健太(ソー役)、平川大輔(ロキ役)、宮内敦士(ハルク/ブルース・バナー役)らこれまでのボイスキャストが続投するほか、ソーと共にヘラに立ち向かう女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)を「ルパン三世」の峰不二子役を務める沢城みゆきが担当する。そのほか、新キャラクターのコーグ(タイカ・ワイティティ)役を、お笑いタレントで声優の金谷ヒデユキが演じる。

米ロサンゼルスで10月10日(現地時間)に開催される、本作のワールドプレミアへの参加も決まっている天海は「実写映画の声優として、これだけ長く複雑なセリフに声をあてるのは今回がはじめてだったので緊張しましたが、俳優としても尊敬するケイト・ブランシェットさんの声を演じるということで、お仕事をいただきとても光栄でした。ケイト・ブランシェットさんがすごく素敵な低音の声で演じられていたので、低音の声で、英語の流れるような印象がでるように意識して演じさせていただきました」と参加の喜びを語っている。

マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日に日米同時公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る