米倉涼子 201708

米倉涼子 201708


米倉涼子、全編英語ミュージカルを日本凱旋公演

東京・東急シアターオーブにて2日から8月13日まで開催している「ブロードウェイミュージカル『CHICAGOシカゴ』20周年記念ジャパンツアー」。この初日に、公開ゲネプロとキャストの囲み取材が行われた。

『CHICAGOシカゴ』は、昨年11月にブロードウェイでの上演が20周年を迎え、アメリカのミュージカルとしては歴代1位のロングランを誇る作品(ロングラン公演としては『オペラ座の怪人』、『キャッツ』に次ぐ3位)。北米はもとより、ロンドン、南米、そして日本を含め世界展開をしている大人気の舞台だ。本作で12年に本場ブロードウェイの公演に主役ロキシー役としてデビューしたのが米倉涼子(42)。1920年代のシカゴを舞台に、立身出世欲をむき出しに、人気スターになることを夢見るロキシーを、全身全霊で歌い踊り、演じきった。去る7月、ブロードウェイにて米倉出演で行われた再演に続き、このほどの東京公演で同役に挑戦した。

女優の米倉涼子が2日、主演する来日版ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』のプレスコールを都内で行った。
本番さながらのリハーサル後には、昨日42回目の誕生日を迎えた米倉にサプライズのバースデーケーキと、主要キャストからの美声をきかせた「HAPPY BIRTHDAY」の生歌がプレゼントされた

本番さながらのリハーサル後には、昨日42回目の誕生日を迎えた米倉にサプライズのバースデーケーキと、主要キャストからの美声をきかせた「HAPPY BIRTHDAY」の生歌がプレゼントされた。

この粋な祝福に満面の笑みを浮かべた米倉は「とりあえずこれ(『CHICAGO』)を終わらせます。終わったらどうしようかなぁ…とりあえず呑む!」と42歳の抱負を豪快に宣言した。

女優の米倉涼子が2日、主演する来日版ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』のプレスコールを都内で行った

5年ぶり2度目のニューヨーク公演を成功させたばかりの米倉は、今回の日本公演でも全編英語で挑む。米倉は「皆さんとは初対面なのでドキドキしながら。それぞれやり方やパーソナリティーが違うのでドキドキしながらエキサイトしていましたね」とリハでの心境を打ち明けながら、引き続き演じたロキシー役には「やっぱり楽しい!」と手応え十分。

ニューヨーク公演でもコンビを組んだ女優アムラ=フェイ・ライトは、米倉を「ドキドキして怖かったと思うけれど、彼女の英語は素晴らしく、素晴らしいロキシー像を作ってくれた」と絶賛。「ここまで来るのにどれだけ努力が必要だったか…カンパニーの皆が大好きなロキシーです」と太鼓判を押していた。(modelpress編集部)

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第5シリーズ 2017年10月スタート 毎週木曜夜9.00/テレビ朝日系

第5シリーズでは、新たな政治と権力争いが渦巻く日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、一匹おおかみの大門が戦いを繰り広げる。

出演者

  • 米倉涼子 大門未知子役
  • 内田有紀 城之内博美役
  • 遠藤憲一 海老名敬役

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る